So-net無料ブログ作成

おばちゃんの法則 [その他]

知ったかぶりカイツブリ」シリーズに「おかんツブリ」というのがあるのですが、その歌に自転車でぶつかりそうになり
「どっちよけるん〜〜〜!?」
ところがあるのですが、これが…
自転車通勤をしているわたしには、ホントに、マジで、なんでおばちゃんって人のよける方へよけるんやろ???
と思うわけです。

これはもう、関西とか関東とか関係ないですね!!

そしてかならず「おばちゃん」なのです。
おっちゃんでも、じゃりんこでもなく、おばちゃん。

昨日なんか、日も落ちたし、ライトついてるし、
あ、向かいから来るなぁと思ったので、およそ5〜6m前ぐらいから右に寄ったわけです。
したら2mぐらいで、急におばちゃんは、同じ方向によけて、わたしがブレーキを踏むはめに。
「おばはん、何してんねん!」
とわたしが言う前に、
「あら、ごめんなさいー」
まったく悪びれることなく、ブレーキを踏むことなく通り過ぎた。

>Σ( ̄■ ̄;

なんなんだっ!
おばちゃんという生きモンは!
「おかんツブリ」なんて、どんだけかわいいか!
あんなもんじゃない…

よくちびっ子は、お尻を上げて、自転車で爆走してたりして、歩道なんで危なかったりします。
…いっかいこかしたろか…
とか思うぐらいですんでますが、

おばちゃん!

おばちゃんはもうルール無視!道路交通法って何?的な傍若無人っぷり。
以前、散策中に歩道をぷらぷら歩いていたら、自転車に乗ったおばちゃんに
「そんなとこ歩いてたら邪魔でしょ!」
と金切り声を上げられ、もちろんおばちゃんはブレーキも踏まずに、わたしの横を通り過ぎたわけです。

わたしは歩道を歩いていましたっ!!!!

しかもその歩道は、自転車の走行許可があるという標識が出てませんでした!!

しばきたい…
あのおばはんしばきたいーーっ!!


あ、あと当り屋のおばちゃんがいます。
一度ぶつかりそうになり、お互い急ブレーキをかけました。
その時、おばちゃんは電信柱に手をついて、手のひらを軽くすりむきました。

そのままほっとけば良かった…
大後悔。
わたしも止まったものですから、持っていた絆創膏をあげげたんです。

したら…

この前もこんなことがあって、足を骨折しただとか、ぶつぶつ言いはじめ
肩が痛い、今ぶつけたんじゃないかしら?
などと言い始めたんです。
そして、わたしの連絡先を聞くのです。
検査して連絡するからって。

はぁ???

危険な匂いがしたので、FAXしか使えない番号を書いてみた。

それ以来、ガンガン電話が鳴るんです!!
ほぼ毎日。毎日一回どころじゃない。
そしてどうやらFAXであることを気がついたのか、FAXで流して来たんです。
どこぞが痛い、どこぞが打撲だ、もしかしたら骨折かもしれない…
ぐだぐだぐだぐだ書いてあります。

骨折かもって…
もう1ヶ月ぐらいたってるやん…
つか当りまくってんちゃうん?と思うわけです。
わたしと接触…そう、わたしは接触してなくて、ギリでお互いよけて、おばちゃんが電柱に手をついただけなんですから!
その時だって、この前ぶつかったときは、骨折して…とか言っていたのを思い出しました。

この人、いつもこうしてちょっと怪我しては、こんなことしてるんじゃないだろうか…
これはあぶない人にからまれた…(><)

それ以来、電話線ぬいて使ってません。
あのおばちゃんは、今も誰かに当り続けているのでしょう…
でなかったら、そんだけ当ってるんやったら、気がつけよ…わたしは自転車に乗ったらあかんのや…と。


そういう感じで、車も運転するのがおばちゃんで。
なんででしょうねぇ…
何やってんの?この車。
と思う車に限って、運転してるのはおばちゃん。






とか言ってるわたしももうおばちゃんなんで、こういうことをしないように気をつけようと思います。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。