So-net無料ブログ作成

児童○描写規制案 [その他]

児童○描写規制案

今朝、ニュースで著名な漫画家の方々が反対の声を上げられたというのを見ました。
ニュースはこちら

そもそものニュースはこちら

京都精華大学マンガ学部の竹熊健太郎教授の意見は、まさに激しく同意をするわけです。
…つか、自分の出身校の先生なわけですが…(^^;
でも、わたしが学んでいたマンガは、今とちょっと違い、この教授にも習ってませんけどね(^^;
それでも、木野魂みたいなものは変わりませんよ。

ええ、もう、とにかくこの条例案に断固反対の声を上げたいと思います。

性描写がどうのというとこよりも、表現の自由が権力によって弾圧されるイメージがぬぐえません。
マンガやゲームが、助長しているとかいうのは、そんな規制を作る方に問題があるように思うのです。

最近のマンガやアニメは、子供向きになりすぎて、面白くない。
説明的すぎて、見る側に想像させない(考えることをさせない)そんな感じがしていました。

昔のアニメをケーブルなんかで見ると、ブラックな話しや差別用語がガンガン出てます。
でも、それを見て育った人々が、その悪影響を受けてたかというと、今、そんな法案を考える人たちが一番世代的にわかるはずじゃないでしょうか?

最近の作品が、あまり面白くないのは、問題定義するようなものが少ないからでは?
読み手が、読み手なりに考えることをする前に、作品の中で答えが出てしまっているからでは?
と思うのです。

大人が勝手に「子供向き」「子供向け」という表現を持って、規制し過ぎじゃないでしょうか?

何度もいいますが、○的表現に限らずです。
…個人的には、○的描写が過激なものとかは好ましいとは思いませんので。
でも、そこを規制し始めることによって、権力によってドンドン「表現の自由」が失われてゆくような気がします。
あげくのはてに、大戦中のような、表現・言論の自由が奪われてしまうのでは?
さすがに、そこまでは言い過ぎかと思いますが、文化面の衰退をそれこそ助長しているような危機感を覚えます。

規制するから悪化するのでは?とも思います。

数年前には、児童ポ○ノ規制が同人誌界にも起こりました。
版元サイドが同人誌を取り締まったりした時にも、同じようなことがおこり、仲間内で討論したこともありまし、いつでもとてもデリケートな問題だと思うんです。

でも、今問題になっているのは、
なんかモンスターペアレンツ的な感じがしてなりません。
行き過ぎというか、過保護過ぎというか…
そんな無菌室で育った子供の方が恐ろしいと思うんですけど…




数年前、うちの大学の学生さんが就職活動の一環で展示会をしていたのに行ったことがあります。
みんな口々に「絵を描いて仕事がしたい」といいます。
でも、作品をみるとどこかで見たことのある絵。
「●●っぽいね」と言ってみると
「そうなんです。●●が好きなんです」
…それ違うよね???

なんかちょっと話しがそれたようですが、与えられたものの中で、結論まで与えられて、考えることをしてこなかったから、こんなことになるのでは?

新卒社員さんなんか見てても思います。
言われたことは、きっちり出来るのですが、応用がまったくきかない。
マニュアル通りにしか動けない、考えられない。
…いやぁ…驚くほど応用力ないですよ(笑)
そんなことまで決めないと仕事できないんですか?みたいな…

ゆとり世代だとあきらめていますが…



なんか話しがそれましたね(^^;

でも、今でも規制はされているのだし、これ以上は過剰だと思います。
しかも東京都って、アニメやマンガで盛り上げようとしてませんでした?
あれ、もうやめたのかなぁ?
なのに、その芽を自ら摘んでどうするんでしょう?
この規制は、その芽を摘む行為につながると思いますけどねぇ
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。