So-net無料ブログ作成

次元の狭間の住人 [お仕事]

先のブログで書きましたが、そこで好みの女の子トークを繰り広げていた二次元と三次元の狭間で生きているMくんではなく、Sくんの方…

ある日、Sくんの机の下に『東京BABYLON』という漫画が発見。
CLAMPっ子だったわたしは
「わぁー、懐かしいなぁー」
と声を上げる。
「僕、大好きなんですよ、これ」
とSくんが言った。

で、ちょっと懐かしいトークをしていたら、Sくんが言った。
「僕、星史郎さんになりたかったんですよ」

はいぃ?(<右京さん風に…)
( ̄_ ̄;

わたしが固まったので、Sくんはもう一度言う
「星史郎になりたかったんですよ!」
「…ご…ごめ…意味わかんないんだけど…」
「星史郎の年齢には、こう…ほら身長とか肩幅とか…、でも無理だったんですよー(^^;」
…てへへ…的な感じで笑うSくん。

「お前もかっ!」
Σ( ̄■ ̄)

とわたしが声をはったのは言うまでもない。

「お前も二次元と三次元の狭間で生きてるタイプか?!」
とつっこむわたしに、
「でもね、でもね、なれなかったんですよ、星史郎さんに…」
とあわてて付け加えるSくんに
「なれるかぼけーーっ!」
…と言いたい気持ちをぐっとこらえる。

現在の彼は、星史郎の年齢を超えてる。
だから、なれなかったのだと過去系で語るのある。
…今は誰になりたいのだろう…
数ヶ月前、呼称年齢いくつ?という話題になったことがあった。
その時、Sくんは
「僕、14歳…」
ぼそっ…と一応遠慮がちに口にしたが、わたしのソッコーでややカブリぎみの
「しばくぞっ!」
のつっこみに一括されることとなった。
ということは、今は中学生に………もどれるかーーーっいっっ!
(*ー"ー)ノ☆(ノ_ _)ノ

こういう次元の狭間で生きてる住人ばかりに囲まれて生活しています。

まぁ…面白いですけどね…
たまに、ちょっとめんどくさい時があるぐらいです。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

当り用タオル [お仕事]

トレーディンググラスという商品には、くじが入っていて、当りが出ると非売品のマイクロファイバースポーツタオル(90cm×40cm)がもらえる。
ということをよくやっています。<※他に非売品のグラスが当る場合もあります。

当った方、そろそろ届くかなぁ?

手前みそなんですが、このデザインは気に入っています。
気に入っているので、色校正でやってきたタオルを貰ってしまいました。
マイクロファイバーって、膝掛けにするとあったかいんですよねぇ〜(* ̄▽ ̄*)

このアレンのイラストは、個人的に「魔女っ子アレン」と言っています。
可愛いです。

わたしはこの作品の中では、アレン好きなので、ついつい贔屓してしまいそうになります。

ボイスアラームやら、ボイスフォトフレームやらの台詞を考える時も、アレンは泉のようにわいてきました。
アレンは良い子です!
わたしの中では神木くんとイメージがかぶります。<あくまでもわたし目線

逆に苦悩して絞り出したのに、いっぱいNGくらってしまったのはカンダです。
乙女脳をくすぐりたくて、ちょっとばかし優しい台詞を入れてみたのですが、全部NGでした。
だからあんなドSな台詞になってしまったのです〜(泣)
音声収録の時も、声優さんたちに「カンダ好きは絶対M!」とか言われたぐらいです。<わたしは立ち会っていませんが



あ!
あのグラスって当り出るの?!という方のために、本当に当りが入っていて、ちゃんと当選者には送られていますよ!ということがお伝えしたかったのに…
それと、このタオルかわいいでしょっ♪と自画自賛してみたかっただけなんですよ…

また他のタイトルでやると思うので、当りが出たらめんどくさがらずに応募してみて下さいね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

幕張のイベント [お仕事]

幕張でのイベントが終わりました。
このイベントに参加したのは始めてだったので、いろいろ新鮮でした。

逆さ三角での盆暮れのオタの祭典や、幕張でのゲー系のイベントしか知らないわけで、そしてお客さんの95%ぐらいは男性というイベントばかりなわたしだったので、これほど雰囲気の異なるものだとは思っていませんでした。

とにかく感動するのは、単価180円の商品を1つ買うだけで、長い時間あの長蛇の列に並ぶお客さんがいるということ。
わたしのようなヘタレは、お店でも買えるのに…と思ってしまうのですが、それほどにお客さんの情熱がすごいのだなぁと、真面目に感動しました。

いえ、いつものイベントでも、皆さんちゃんと文句を言わないで並ばれているのはすごいなぁと思っています。
割り込む人もいないし、みんなすごいルールをきちっと守られるじゃないですか。
内輪でよく言っているのですが、オタクってすごくマナーあると思いますよ。
暗黙のルールみたいなものをきちっと守る。それに反したら、みんなで一斉に注意したり。
だから、売る側も緊張するんですけどね(^^;
手際が悪いとか、注文商品を間違えるとか、そんなことしたあかつきには、どんな罵倒を受けるかと…ドキドキ…
長い間並んで下さっているのだから、気持ちよくお買い物して欲しいですから。

このイベントもレジはフル稼動で、ほぼ休憩などなく、最後尾の札を見たのは午後5時頃でしょうか…とにかく驚いた。
列が長く感じるのは、ご家族で並ばれているお客さまが多かったからかもしれません。
また、絶対自分のものじゃないですよね?的な、お父さんらしき方のお客さんが多かったです。
きっと、子供さんは列に耐えられず、他へ向かい、お父さんが並んであげていたのでしょうね…と思うのです。お疲れ様です。
親御さんも大変だ…(^^;

いつものお兄ちゃんたちが多いイベントだと、並んでいる間に注文も決め(あるいはそれ以前から決めて)お金も用意して下さっている場合が多いので、レジが早いし、お札がほとんどなので、小銭を数えることもあまりありません。
でもこのイベントは、小さなお子さんが、かわいらしい財布から、一生懸命硬貨を出して払ってくれる。
もちろん、時間的にはかかるのですが、それがなんだか感動で、嬉しくて。
お母さんが会計をしている横で、お子さんが「早く、早く」という具合に、袋につめた商品に手をのばしてくれているのとか見ていると、ホント嬉しくなりました。

こうしてお客さまの反応を見られるのは、けっこう嬉しいものです。
雰囲気をじかに味わうと、次の企画の参考にもなります。

おかげさまで、限定ものは完売。
例のシーツも持って行った分は完売。(あとはお店で買えますよ)
カードゲームの方も好評だったようで、いろいろひっくるめて来て来て下さったお客さまに、ホント感謝です。
ありがとうございました。

そして後日、限定品が買えなかったお客さまからお叱りのメールが届きました。
数を読み間違えていたのはこちらの落ち度なのですが、そのメールに、社員がネットオークションの高騰を狙ってのことと思われてもしかたない行為ですという内容のことがありまして、ちょっと書きたいなぁと思ったわけです。

そんなふうに思われているんだなぁ…と少しショックだったりします。
今回も、イベント限定で付けていた特典は、すべてシュレッターにかけて破棄していますし、そういうことはないです。
うちの会社は社販での割り引きもありませんし。
それに、オークションで高騰したところで、メーカーとしては、何も得がありませんからね…
とりあえず、そんなことは絶対ありません!ということだけはご理解いただけると嬉しいです。

それでも気になったのでちょっと確認してみたら、ポスター1枚に500円近く値がついているわけです。

そんなかっ!Σ( ̄■ ̄;

これではタタかれてもしょうがないかもしれない…
つか、どうしてこんな値段になっているのー!?

それほどにこの作品やキャラクターが人気だということなのでしょうが、これは…ちょっと…さすがに引くなぁ…

これでは転売目的で購入される人が増え、本当に欲しい人の手には渡らないのがわかる気はしてきました。
いたちごっこなのかもしれませんが、入札する人がいるから、転売目的の人も増えるのでは?と…そう言い切ってしまうと、出品している人にも申し訳ないですね…友達に頼まれたら、いらないって言われて、自分の分はあるから、これどうしよう…欲しい人いますか?と出品している人もいらっしゃるかと思いますし、入札される方も、地方でイベントに行けない!という方もいらっしゃると思いますし…。難しいですね。

…そうですね…余らせる覚悟で多めに作らないといけないということですね…。
沢山出まわれば、値段が上がることはありませんもんね。
と、関係者一同、反省をしております。

…いやぁ…正直、こんなに買っていただけると思ってなかったんですよね…
生モノとか、余ったらどうしようねぇ…と話していたぐらいでして…
事前のネット上で「高い!」「高い!」とやたら怒られていたので、ファンの皆さんは、この値段では買わないのだなぁ…と思っていましたから。

モノ創りの難しさをあらためて実感したイベント後でございました。

最後にもう一度。
来て下さった皆さん、ホントにありがとうございました。
これからも、みなさんに喜んでいただけるモノが創っていけたらいいなぁと思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

シーツ [お仕事]

もうあちこちで話題になっているので、そろそろ書けるかな…と思ったので書きたいと思います。
書きたかったんっですっ!!

(シルバーソウル)のおやすみシーツ。

今でこそ、こんなかわいい名前ですが、企画当初は「添い寝シーツ」でした(爆

男性向けの抱き枕やシーツはいっぱい販売されているのに、乙女の妄想を満足させるものって販売されてないじゃないですか!
…まぁ…腐女子の方は、たぶん企画そのものがボツになると思われるので、あくまでも乙女目線で。
で、腕枕をしているようなイラストのシーツなんかどうだ?!
と、強くプッシュしておりました。

そんなの販売できるのは、12月のイベントぐらいだろうね…という話しになり、いつの間にかうやむやになっていたのですが、夏頃に再び浮上!
「出しますか!」
半ばやけくそな発言をした上司様のおかげで日の目を見ることになったわけです。

そしてラフを上げて、版元さんへ依頼しました。
…そうそう、その前に、この企画が通ったところがすごいです。
太腹な版元さまに感謝!!
…まぁ…カレンダーで白い人に、依頼もしていないのに白い着物を着せてくれる版元さんなので、そのあたりはよくご理解いただけているのかもしれません。

数日後。

黒い人の方のラフが上がってきました。
上司様がふらふらしながらFAX用紙を持って来ました。
「駄目です…わたし…直視できませんっ!!(><;)」
そう言って、わたしの机にそっと紙を起きました。

(* ̄■ ̄*)………………。

「…これ、どうしちゃったんですか…(半笑)」
「エロいですよ!!」

…いやぁ…もう、このラフ絵を皆様にお見せできないのが残念でしかたありません。
それぐらいすっごい絵だったんですよ。
ラフなので、線画だけなんですけどもね…(笑
あまりにも、中途半端な笑い(わかっていただけます?腐女子のあの、なんとも素敵な…でもちょっと恥ずかしい絵を見た時のあの笑いです)の中、社内の同人腐女子たちがやってくる。
「……(やはりここでも中途半端な笑)」
次々にやってくる社内の女子どもの反応は、皆同じ!!すごいことに皆同じ!!

「どうしたらいいんでしょう…」
上司様も半笑で困っています。
「版元さんになんてゆって修正してもらいましょう…」
…そうりゃそうだわなぁ…
これでもいいけど…これをあのイベントでどど〜〜んとかかげたあかつきには
「やっちゃったね(緑のお野菜)…」
と言われるのは目にみえています。
ですから、これをこのまま描いていただくわけにはいきません。…でも皆個人的にはアリ!と思っているハズ。

「スゴイ!これで同人3冊は描けますよ!!」
と、話題の絵をわざわざ見に来た腐女子の一人が言った。
それほどの破壊力のある絵だった…ということです。
「なんだろう…とりあえず抵抗して、あきらめた感じ?」
誰もが同じ場面を想像するわけです。
「抵抗していながら、ベットになげだされて、最後には受け入れてしまった。」
そんな感じなんですっ!!(><)

「何がいかんのだろう…」
「何がこのエロさをかもし出しているのだろう…」
絵がひどいわけではないのです。というより、とても綺麗なのです。
「…この絵はさ…足元にいる人の目線で描かれているんだよ」
という結論に。
「このキャラが受けだとマズイだろぉ…」
そうなんです。
「一部のファンしか喜びませんよ」
そうなんです。
「じゃ、版元さんには、あおりじゃなくて、真上からの視点で…って言えばいいのでは?」
それならたぶん角がたたずに修正をお願いできるのでは?と。
そして線画だけでは気がつきにくいのですが、ちゃんとベストを着ていましたし
「あ、なんかそう思ったら、ちょっとほっとしました。」
というのは上司様。
最初、シャツだけかと思ったようです。
…つか、そもそも依頼の段階では、シャツのみで胸がはだけていたわけで…<それがこれで上がっていたら、これより遥かに破壊力のある絵になっていたでしょう…

そんなこんなで修正をお願いしたら、やはりマンガの編集部さんでも「エロい」と言われたそうです(爆

で、この線画があまりにもすばらしかったので、白い人もお願いしてみることにしました。

で、しばらくしたら黒い人の仕上がってきました。

「…なんかフツーですねぇ…」
フツーならフツーで物足りないと思ってしまうわけです。
受け受けしさが消えてしまいました…
「誘い受けじゃなくなったんですか?」
営業の女の子が聞いてくる。
…誘い受けゆうなっ!

さらに、白い人の線画がやってくる。

…………( ̄_ ̄;

「あのぉ…腰とかくびれている気がするんですけど…ちょっとマッチョな女に見えるんですけど…」
これがわたしの第一感想。
女性っぽく見えるので女性ぽくならないようにお願いします。とお返事をしていただく。

これ描いて下さっている人。
たぶんものすごくわかって描いてらっしゃるのではないかと思います。
…でなきゃ、まずカレンダーで白い着物着せないですし…。

そんなこんなで、双方の絵が揃い、ネット上で告知をしてみた。

さっそくファンにアイコラされる。
早っ!Σ( ̄■ ̄;

早いねぇ…マメだねぇ…これ無駄にうまいし…
「話題になるのはいいのですが、話題になるだけで終わると悲しいですね…」
上司様は、ぼそりと恐ろしいことを言います。
まぁ…お値段高いですし。
アイコラでファンは満足しそうですし。
本物を買って、本物でこれをやる、なんてことはしないのだろうなぁ…

皆さん、買って下さい。<(_ _)> よろしくお願い致します。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

あさりファミリー [お仕事]

お仕事で、商品サンプルを撮影していた。

仕事中によく「ボンゴレ」「ボンゴレ」と会話に出てくるので、何のこっちゃ?と思っていたわけです。
(すみません、わたしはこの作品を詳しく知りません)
でもイタリアのマフィアがどうの…という話しも聞いたので、漠然と「ボンゴレ」と言われても違和感がありませんでした。
それっぽい響きの名前にしたかったんだろうなぁ…と。

撮影しながら、そのマークを見て、隣の上司様に聞いた。
「ボンゴレ、ボンゴレ言うから、何かと思えば、アサリだったんですね」

ところが、上司様は、この会話まで「ボンゴレ」から「アサリ」を連想してなかったらしい。

…( ̄▽ ̄;

「そうですね!ボンゴレパスタとかありますもんね!」
気がつかなかったらしい。
…こんなにマークにアサリマーク付いているのに…( ̄▽ ̄;

あいかわらずゆかいさんな上司様でありました。

そういえば、カレンダーの入稿前の文字チェックをしながら
「わたし、半年って8月と12月なんですよねぇ…」
と言ったので、
「Σ( ̄□ ̄; アナタ!それはコミケで1年区切ってるからですよ!」
とつっこんだら
始めて気がついたらしく
「目からウロコです(@。@)」
と言ったことのある、あの上司様です。

とってもゆかいさんだ。

ちなみにこの後、ついでだからとこのマークの意味とかコミック開いて説明していただきました…
(上司様は、この作品がちょっと好き)
この作品について少し詳しくなった。
知能が1上がった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

2008年卓上カレンダー [お仕事]

先日会社にて、うちの来年のカレンダーが話題だよ!と、とあるBBSを見せられた。
「○魂」の卓上カレンダーで、1月が話題となっていました。
注文をとる段階で、担当の子が
「なんですか!これ!(@□@;」
と注文書の確認に来つつ吠えた。
うちの上司はこの時まで気がつかなかったそうで「なんのことですか?」的な顔をする。
「結婚式かと思いましたよ!」
彼女は大興奮で注文書の1月の画像をさす。
そこでようやく上司様が気がつき、急に萌えた。
「気がつかなった…」
隣で聞いていたわたしは、
「だから描き下ろしが上がってきたとき、○さんの着物が白くなってますって言ったのに…」
とつぶやく。
「これ指定したんですか?」
「いやぁ…描いた時には黒にしたんだけどね…」
描き下ろしを以来するとき、ざっくりラフで描いて「こんなのでお願いします!」と版元さんに提出するのですが、設定の衣装ではない絵になるので、今回は色も付けて渡したのです。
「上がってきたら、○さんの着物が白かったの…(^^;)素敵だから訂正しないで走った」
「わざとですかね?」
「さぁ…版元さんからも何も言われなかったし…」(黒かったけど白にしましたとかね)
…申し訳なくも、この二人で1月がいい!とは思いましたが、ラフを描く段階でそこまで意識してませんでしたから、○さんはお酒の飲み過ぎで顔が赤いと…●さんが○さんを横目に見ているのも、ただなんとなく…
ところが上がってきてみれば、いろんなところが腐女子萌え…

まぁ、ファンの人が喜んでくれたらいいなぁ〜程度に思っていましたら、このBBSでは、けっこう祭ってる…。
「絶対買います!」
とか言ってくれてる人もいて、ありがたいなぁ〜( ̄‖ ̄)なむなむ…
「作った人に感謝です!」
とか書いていただいて、いい仕事した気分になりました。「あたしやったよ!」と空に叫びたくなるわけです。

ところが!! Σ( ̄■ ̄)

「ありがとうアニ友さん!」
という一文を発見!!
これには、猛烈に悔しさを覚えたわけですよ!

うわ〜〜ん 0(≧□≦)0

うちもけっこう頑張って商品作っているんですよ〜〜
悪魔退治とかマフィアとかもやってたりします。
バーコードあたりの発売元とか見てもらえるとわかるかと…
いやホント、けっこう作ってます。
そりゃ、アニ友さんよりずっと少ないけれど…
いつもいつも、ぼいんばいんの美少女とか、ぷにもえとか、そんなんばっかりやってるわけではないのですよ。

「うわーーーー!!今すっごいうちが作ってますー!ってアピールしたいっ!!」
「しょうがないですよ。みんなこう思いますって」
と冷静な上司様。
「でもなんかくやしいーーー((((((((((((*ノノ) 」
と吠えたら、
「ブログで書いてもいいですよ」
とか上司様が言ったので、書いてみました。できるだけふせ文字で…。(わかる人が読んだらバレバレですが、検索にはひっかかるまい…と)

そしてみんなで言う
「どこで買われてもいいから、売れるといいなぁ…」(´Д`;

1月の他に、8月と12月をカレンダー用に描き下ろしてもらっています。
是非とも宜しくお願いします。
他に、悪魔退治も作りました。
こちらも1月、8月、12月に、かっわいい描き下ろしをいただきました。
お店で見かけたら、是非是非、宜しくしてやって下さい。
できればレジに持って行ってやって下さい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

おっぱい枕 [お仕事]

今、男の煩悩枕を作っています。
…もう告知されているので、書いても良いかなぁ…と。
担当者にも「書いて良い?」と確認して許可いただきましたし。

いやぁ…もう、アホな商品ですよ。(^^;
某ギャルゲーのキャラのバストアップイラストの胸部分にジェルを入れた枕なわけです。
マウスパッドは、これでまでにも発売されていますが、大きさは比ではない!
ほぼ実物大!
こんなアホな商品を、皆で真剣にサンプル前にして、
「こっちのやわらかさがいい」
などと揉みまくっている様がおかしいわけです。

…でも、こういうアホグッズ好きです(^^;
作っていながらけっこう楽しいです。
楽しいのですが、なんだかこの8月10日に、お店で「揉み揉みイベント」を開催するそうです。

Σ( ̄■ ̄;

なんてセクハラなイベント!

本人いわく「これが本当のまくら営業」
…なんかすごい楽しそうなんですけども…( ̄_ ̄;
だまって立ってりゃ、オタクに見えないのになぁ…もったいない…すっかり汚れ。
あぁ…そうか…チュートリアルな感じだね!

でも社内若手女性には、けっこう不評を買っています。
…まぁ…わたしぐらいの方々は「アホな商品やなぁ…」と笑えるのですが。

でもね。
これけっこう良いですよ。
胸の部分を首にして寝てみて下さいな。
なかなか心地よいのです。
わたし的には、良い商品だと思うので、ここで宣伝してしまいました。
抱き枕に飽きてしまった方!是非お試しを!

夏コミで発売です。
透明のビニールの、けっこうしっかりしたバックに入って販売です。
これを買って、できればこのままお持ち帰りいただきたい!!
「俺買ったぜっ!」
と猛アピールして、ビックサイトから帰るつわものどもを是非見たいものです!
(その頃、わたしはお里に帰っているので、現場を見られないのがとても残念です…しょっぼ〜ん)
目撃したらば、
「あんた漢だよ!」
と声をかけて万歳三唱したい気分ですね!!

詳しい商品情報はこちら
担当者のアホな企画風景もPDFで見ることができます。(半分冗談、半分本当な記事です)
PDFが見られない方や、面倒くさい方は、無料配付の店舗冊子に掲載されています。

せっかくなので、横からの写真を追加。

ちなみに、コミケが終わったら店舗でもパッケ替えで発売されます〜
「生意気反発枕」ていいます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ある意味セクハラ [お仕事]

職場のパソコン画面に、下着姿の二次元女の子の絵があった。
色補正中。
RGBからCMYKに直すと色がガラリと変わるので、印刷した時に、ちょうど良いように補正する。
選択範囲をとってゆく。
必然と画像を拡大。
ヒモパンの下半身が画面いっぱいにアップになる。
「…ヒモパンですか…」
通りすがりの女子社員が言った。
「ホント、わたし、何やってんだろうね…」
目は画面を見たまま、手を休めないで、途方に暮れたような声で答える。
「ホントですよね…」
上司が隣でいった。
Σ( ̄■ ̄;
他人事のように言った。
「わたしが男の上司だったら、こんな仕事させてたらセクハラですよねぇ〜」
笑っていいやがった。
「充分セクハラだよ!!」
訴えてみる。
ただ何故かその場は、笑いで終わるのだった。

…そんな職場です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

恥ずかしい目覚まし [お仕事]

最近、キャラクターの声で起こされる「ボイスアラームクロック」というのがあります。
…わたしは個人的に3つ持っていて、そのうち2つはいただきもの…好きなキャラは、宣言しておくといいことが多い…。
しかも、さらに携帯で、目覚まし、お休みコール、その他アラームをガンガン設定してる上、うちのパソ子さんも、某キャラの声でしゃべりまくります。…修理には出せないね…(^^;

…話しがそれました…

というわけで、お仕事でよく作ります。
何が大変かって、台詞なんです!
実は、あれ、製作側が考えて、版元さんにチェックしてもらって作られています。
…恥ずかしい台詞を書くわけですよ…
「エロイ台詞の1個づついれましょう!」
上司殿は言った。
「じゃぁ考えて下さいよぉ〜〜〜!!!!」
書いてみろ!書いて!
口で言うより恥ずかしいわ!!
「わたしは乙女なんで、腐った台詞は無理ですよ〜〜(T▲T)」
少女漫画が限界です…。

というわけで、実は3日、この台詞に悩まされています。
…ずっと漫画読んでる…何度も。
普通の人が見たら、遊んでいるとしか思えない光景でしょうねぇ…職場で堂々と漫画積み上げて熟読してるんですから…。
こんなに頑張って考えても、実は叩き台なわけです。
ここから版元さんのチェックがはいって、直しがくるので。
…この間作ったのは、3回ぐらい台詞が直されましたし。
文字盤のデザインなんて、これに比べたら…カロリー少ないですよ…。

こういうのは同人誌やっている人が得意だと思うのです。
腐った脳ミソから紡ぎ出される萌え台詞…ビバ!ですね。
というわけで、エロイ台詞は上司殿にまかせたっ!
わたしは、乙女系までは頑張るんさぁー!!
…この口から甘い台詞が出るとは思えない…というキャラでも、そんな台詞を考えなければならないのです。そこを妄想できる人は、本当に凄い!偉い!と思う。…ひにくじゃないですよ。本気で思います。

…こんなに熟読して、妄想の中で仕事していると(<妄想しなきゃ書けません!)
なんかオイラ、この作品の同人誌作れそうな気がしてくるから不思議です。
…あ、いや、同人誌はやらないですけども…それほどまでにという比喩です。

ま、こんなに頑張っても、他社に先にやられたら、不許可になるのです。
…世の中って、切ないなぁ…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

武将コスプレ [お仕事]

仕事中の会話なので、ジャンルを「お仕事」にしました。

今年の大河ドラマの話しになりました。
「面白いですか?」
と上司が聞くので、
「今のところ面白いですよ。わたしは楽しんでいます」
先のブログにも書きましたが「風林火山」は今のところ面白いです。
「新撰組から、ずっとぬるい大河が続いていたじゃないですか。今回のは、なんか男臭い感じでいいですよ!」
と熱弁してみた。
何度もいいますが「ぬるい」といいながら、わたしは「義経」のDVD BOXを全部買った人間ですが…。
「でもねぇ…」
気になることもなにしもあらずなのです。
「ガクトとか出てきたら、どうなることかと…(´Д`;」
と言うと、通りすがりの女子社員が
「ガクト?ガクトがどうしました???」
と笑顔でよってくる。しかも、数人…。
それに応えて席につきつつ上司に言った。
「…少なくとも、うちの会社では、N●Kの意図は伝わっているって感じですねぇ・・・」
はぁ~~~と溜め息をつく。
「でもねぇ…あの人のお芝居ってどうなの???今までやったことありましたっけ???」
それで総崩れになりはしないかと不安を覚えるわたしに、上司が力強く言いはなった。
「芝居なんてどうでもいいんですよ!みんな、ガクトのコスプレが見たいだけです!」

が~ん!Σ( ̄■ ̄;

わたしの頭に雷が落ちたのは言うまでもありません。
そうか!そうだったのか!!という気分です。
「…すごい…なんか今、目から鱗が大漁に零れ落ちましたよ!」
というわたしに上司は
「あたりまえじゃないですか。芝居とかそんなもんもとめてないですよ。」
嗚呼…そういうことか!N●K!!
狙いは、コミケか?!コミケなのか?!N●K!
腐女子のハートはわしづかみじゃないか!!
大河ドラマを素直に楽しんでいたわたしに定規では、はかれるわけもないこの基準。

というかなり衝撃的な事実が判明いたしました。
…だったら信玄役も、もうちょっと考えろよ…と思うわたし。
やるならとことんやれ!という気分である。

…そんな話しは横において、とりあえず、今は大河ドラマを面白いと思って見ています。
もう、のちのちどんな人が登場しても、あぁ…そういうことか…と思うような気がする…

ところで、時代劇専門チャンネルで「武蔵坊弁慶」がはじまりました!
「澪つくし」の後で、家族に川野太郎ブームがおこっていたので、とてもよく覚えていますし、おかげでわたしの義経は、タッキーじゃなくてこちらのイメージが強いわけですが、大人になって「平家物語」大好きになってから見ると、
これどうよ…?と思うこともなきにしもあらず…。
知盛大活躍じゃん!宗盛さしおいて、知盛が参列しているよぉ~!!…みたいな…。
でも、毎日放送されるので、楽しみに見ようと思っています。(*^^*)
…そして、だいぶ「独眼流政宗」を見逃していたわたしでした…。
そうそう!「怒れ!求馬」も始まりますね!
原田龍二ファンとしては、とても楽しみです。…見逃さずにいられると良いのですが…。
また、時代劇専門チャンネルばかり見る日々が続きそうです…(笑


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。